建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

2019年構造14(二級建築士学科試験問題)

2020年04月24日 2019年構造14(二級建築士学科試験問題)

鉄筋コンクリート構造に関する次の記述のうち最も不適当なものはどれか。

  1. 柱は、一般に、負担している軸方向圧縮力が大きくなると、靱性が小さくなる。

  2. 梁とスラブのコンクリートを一体に打ち込む場合、両側にスラブが付く梁の剛性については、一般に、スラブの有効幅を考慮したT形梁として計算する。

  3. 梁端部の主筋に生じる引張力に対し、梁から梁主筋が引き抜けないことの確認を定着の検定、柱から梁主筋が引き抜けないことの確認を付着の検定という。

  4. 梁のせい(・・)は、建築物に変形又は振動による使用上の支障が起こらないことを計算によって確かめた場合を除き、梁の有効長さのを超える値とする。

  5. 部材の曲げモーメントに対する断面算定においては、一般に、コンクリートの引張応力度を無視する。




















    正解(3)
    梁端部の主筋に生じる引張力に対し、梁から梁主筋が引き抜けないことの確認を付着の検定、柱から梁主筋が引き抜けないことの確認を定着の検定という。

    n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |