建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

2019年施工6(二級建築士学科試験問題)

2020年04月06日 2019年施工6(二級建築士学科試験問題)

木造2階建ての住宅の基礎工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 布基礎の底盤については、厚さ120mm、幅を450mmとした。

  2. 布基礎の天端ならしは、遣方(やりかた)を基準にして(ろく)(ずみ)を出し、調合が容積比でセメント1:砂3のモルタルを水平に塗り付けた。

  3. 布基礎の床下防湿装置を行うに当たり、床下地面を盛土し、十分に突き固めた後、床下地面全面に厚さ60mmのコンクリートを打設した。

  4. べた基礎において、地面から基礎の立上り部分の上端までの高さを、400mmとした。

  5. 12mmのアンカーボルトのコンクリートへの埋込み長さを、250mm以上とした。





















正解(1)

布基礎底盤厚さは150mm以上とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |