建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

2019計画22(木造建築士学科試験問題)

2020年02月24日 2019計画22(木造建築士学科試験問題)

給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1 .水道直結直圧方式において、水栓の水圧は水道本管の圧力に応じて変化する。

2 .さや管ヘッダ配管工法は、ヘッダから器具までの配管に継手を使用しないため、管の更新性に優れている。

3 .ロータンク方式の大便器は、洗浄弁方式の大便器に比べて、連続使用に適さない。

4 .排水管のトラップは、破封しないように、直列に二つ設けるとよい。

5 .水飲み器や食器洗浄機などの排水は、衛生面に配慮し、間接排水とする。

























正解(4)

二重トラップは不可

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |