建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

2019年施工24(二級建築士学科試験問題)

2019年08月24日 2019年施工24(二級建築士学科試験問題)

建築積算の用語に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 設計数量は、設計図書に記載されている個数及び設計寸法から求めた長さ、面積、体積等
   の数量をいう。
2.
所要数量は、定尺寸法による切り無駄や、施工上やむを得ない損耗を含んだ数量をいう。
3.
計画数量は、設計図書に基づいた施工計画により求めた数量をいう。
4.
共通仮設は、複数の工事種目に共通して使用する仮設をいう
5.
直接仮設は、工事種目ごとの工事科目で単独に使用する仮説をいう。

























正解(5)

直接仮設とは建築物を造るために直接必要な費用のこと。



n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |