建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27構造05(木造建築士学科試験問題)

2019年06月26日 H27構造05(木造建築士学科試験問題)

木造軸組工法による2階建の建築物において、基礎と土台とを緊結するアンカーボルトの設置等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.   土台切れの箇所に、アンカーボルトを設置した。

2.   アンカーボルトのコンクリートへの埋込み長さを、250个箸靴拭

3.   アンカーボルトのねじ部は、損傷、錆の発生、汚損を防止するために、ビニルテープを用いて養生した。

4.   土台継手の下木の端部に、アンカーボルトを設置した。

5.   間隔が2m以下となるように、アンカーボルトを設置した。
































(正解)4

土台継手の上木の端部に設置する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |