建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27計画10(2級建築士学科試験問題)

2019年04月30日 H27計画10(2級建築士学科試験問題)

屋外気候に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.   快晴日における屋外の絶対湿度は、一般に、1日の中ではあまり変化しない。

2.   冬期の夜間において、建築物の水平面の外気側表面温度は、外気温が同じであれば、曇天日より快晴日のほうが低くなりやすい。

3.   ヒートアイランド現象は、都市における人間活動による大量の熱の放出や、緑地や水面の減少により、都心の気温が郊外の気温よりも高くなる現象である。

4.   我が国においては、月平均外気温が最高になる7月から8月にかけて、快晴日に地表面に入射する日射量が最大となる。

5.   温室効果ガスには、二酸化炭素、フロン、メタン、水蒸気などがあり、この中では水蒸気を除くガスの人為的な要因による増加が問題となっている。





























答 4

我が国においては、快晴日に地表面に入射する入射量が最大となるのは夏至ごろである。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |