建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27計画17(2級建築士学科試験問題)

2019年04月23日 H27計画17(2級建築士学科試験問題)

高齢者や身体障がい者等に配慮した建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.   車椅子使用者が利用する電灯の壁付きスイッチの高さを、床面から900个箸靴拭

2.   車椅子使用者が利用する屋内傾斜路には、高さ1,000个瓦箸僕拆譴鮴澆韻拭

3.   車椅子使用者が利用する便所のブースの出入口の有効幅を、850个箸靴拭

4.   高齢者に配慮して、またぎやすいように、浴槽の縁の高さを床面から400弌⇒畫紊凌爾気550个箸靴拭

5.   高齢者に配慮して、洗面台や食卓の照度を800㏓とした。

































答 2

車椅子使用者が利用する屋内傾斜路には、高さ750个瓦箸僕戮蠑譴鮴澆韻襦

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |