建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27計画22(2級建築士学科試験問題)

2019年04月18日 H27計画22(2級建築士学科試験問題)

給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.   大便器の洗浄弁における流水時の最低必要圧力は、一般に、70kPaである。

2.   循環式の中央式給湯設備の給湯温度は、レジオネラ属菌対策として、貯湯槽内で60℃以上に維持する必要がある。

3.   タンク式トイレの洗浄水量は、サイホン式で10程度、洗い落とし式で8程度であるが、4以下の節水型が普及しつつある。

4.   通気管の横管は、その階の最も高い位置にある衛生器具のあふれ縁より、上方10儖米發撚Aりさせて配管する。

5.   都市ガスの供給方式は供給圧力によって区分されており、低圧供給方式は0.1MPa未満とされている。






























答 4

通気管の横管は、その階の最も高い位置にある衛生器具のあふれ縁より、上方15儖幣紊撚Aりさせて配管する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |