建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27構造03(二級建築士学科試験問題)

2019年03月16日 H27構造03(二級建築士学科試験問題)

図−1のような荷重Pを受ける単純梁において、曲げモーメント図が図−2となる場合、AC間のせん断力の大きさとして、正しいものは、次のうちどれか。

1.      kN

2.      kN

3.      kN

4.      kN

5.      10kN
構造03































(正解)3
A-C間のせん断力の大きさは反力RAの大きさである。
また、C点の曲げモーメントの値は、A-C間のせん断力図の面積と一致することから、
RA×2=12
RA=6kN

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |