建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30法規04(木造建築士学科試験問題)

2018年12月28日 H30法規04(木造建築士学科試験問題)

都市計画区域内(都道府県知事が指定する確認が不要な地域ではないものとする。)における次の記述のうち、建築基準法上、正しいものはどれか

  1. 木造2階建て、延べ面積150屬琉豸遊て住宅の新築の工事を施工する者は、建築士である工事監理者を定めなければならない。

  2. 木造2階建て、延べ面積200屐高さ9mの一戸建て住宅を事務所兼用住宅に用途の変更をしようとする場合、確認済証の交付を受けなければならない。

  3. 防火地域又は準防火地域内において建築物を増築しようとする場合、その増築に係る部分の床面積の合計が5屬任△譴弌確認済証の交付を受ける必要はない。

  4. 消防法に基づく住宅用防災機器の設置の規定については、建築基準関係規定として、建築主事又は指定確認検査機関による確認審査等の対象に含まれない。

  5. 大規模の模様替をするために確認済証の交付を受けた木造2階建て、延べ面積200屬龍ζ噂斬陲砲弔い董計画の変更(国土交通省令で定める軽微な変更を除く。)をしようとする場合、改めて確認済証の交付を受けなければならない。















正解(5)

木造2階建て、延べ面積200屬龍ζ噂斬陲侶弉茲諒儿垢蓮∨‖茖蕎鯊茖厩狢莪豺罎乏催する特殊建築物である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |