建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30法規07(木造建築士学科試験問題)

2018年12月25日 H30法規07(木造建築士学科試験問題)

木造2階建ての共同住宅に関する次の記述のうち、建築基準法に適合しないものはどれか。

  1. 建築物の敷地は、敷地内の排水に支障がなかったので、これに接する道の境よりも低いままとした。

  2. 便所の天井の高さを、1.8mとした。

  3. 各戸の界壁は、小屋裏又は天井裏に達するものとした。

  4. 2階のバルコニーの周囲には、高さが1.0mの手すり壁のみを設けた。

  5. 合併処理浄化槽は、満水して24時間以上漏水しないことを確かめた。


















正解(4)

令第126条第1項よりバルコニーの手すり壁の高さは1.1m以上必要である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |