建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30構造15(木造建築士学科試験問題)

2018年11月21日 H30構造15(木造建築士学科試験問題)

木造軸組工法による 2 階建ての建築物における 2 階床組A〜Cの床の水平剛性の大小関係として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、火打材は用いないものとし、受材・根太等への釘打ちはそれぞれ所定の方法によるものとする。


A:構造用合板(厚さ 12 mm)を、落とし込みの根太(間隔 303 mm)に打ち付けたもの

B:構造用合板(厚さ 24 mm)を、根太を設けず、横架材・受材に直接、四周釘打ちとしたもの

C:構造用合板(厚さ 24 mm)を、根太を設けず、横架材に直接、川の字釘打ちとしたもの

 

1.A

2.A

3.B

4.B

5.C
















正解(3)

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |