建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30計画17(二級建築士学科試験問題)

2018年09月28日 H30計画17(二級建築士学科試験問題)

車椅子使用者に配慮した建築物の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 車椅子使用者専用駐車場から建築物の入口までの通路は、屋根を設けるとともに、車椅子使用者及び歩行者の専用とし、幅員を120cmとした。

  2. 室内の廊下において、キックプレートと兼用した幅木を設けるに当たり、その高さを床面から25cmとした。

  3. 壁付コンセントの取り付け高さを、床面から40cmとした。

  4. 高低差が16cmの屋内傾斜路において、傾斜路の両手とも手(すり)を設けず勾配を 1/15 とした

  5. 腰掛け便座の両側に手(すり)を設け、手(すり)同士の間隔を70cmとした





















正解(2)

キックプレートと兼用した幅木を設ける場合、床面から高さ35cm程度が望ましい。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |