建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30計画20(二級建築士学科試験問題)

2018年09月25日 H30計画20(二級建築士学科試験問題)

 空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 中央熱源方式の空気調和設備において、水方式の場合は、換気機能を有する装置が必要となる。。

  2. 二重ダクト空調方式は、建築物内の間仕切りの変更に対して柔軟に対応できる。

  3. ファンコイルユニットは、屋外に設置するもので、一般に、冷温水コイルを用いて冷却、・加熱した空気を循環送風する小型ユニットである。

  4. 同一量の蓄熱をする場合、氷蓄熱方式は、水蓄熱方式に比べて、蓄熱槽の容積を小さくすることができる。

  5. 置換換気・空調は、空気の浮力を利用した換気・空調方式である。




















正解(3)
ファンコイルユニットは各空調区域や角質の室内に設置する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |