建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30法規07(二級建築士学科試験問題)

2018年09月12日 H30法規07(二級建築士学科試験問題)

建築物の新築に当たって、建築基準法上、構造計算によって安全性を確かめる必要があるものは、次のうちどれか。ただし、地階は設けないものとし、国土交通大臣が指定する建築物には該当しないものとする。

1.木造平家建て、延べ面積500屐高さ6mの建築物

2.木造2階建て、延べ面積200屐高さ9mの建築物

3.鉄骨造平家建て、延べ面積150屐高さ8mの建築物

4.鉄骨造2階建て、延べ面積100屐高さ7mの建築物

5.補強コンクリートブロック造平家建て、延べ面積180屐高さ5mの建築物






















解答(4)

法第20条1項第三号より、高さ60m以下の建築物のうち、第6条1項第二号、第三号に掲げる建築物は、構造計算によって安全性を確かめる必要がある。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |