建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30法規19(二級建築士学科試験問題)

2018年08月31日 H30法規19(二級建築士学科試験問題)

次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、地階及び防火壁はないものとし、防火地域及び準防火地域以外の地域、地区等は考慮しないものとする。

1.準防火地域内にある木造2階建て、延べ面積150屬琉豸遊て住宅に附属する高さ

2mの塀は、不燃材料以外の材料で造ることができる。

2.準防火地域内にある3階建て、延べ面積300屬凌芭貼蝓粉擬圓亮容施設を有しないもの)は、防火上必要な所定の基準に適合すれば、耐火建築物及び準耐火建築物以外の建築物とすることができる。

3.防火地域及び準防火地域にわたり、2階建て、延べ面積110屬琉豸遊て住宅を新築する場合、耐火建築物としなければならない。

4.防火地域内にある高さ2mの看板で、建築物の屋上に設けるものは、その主要な部分を不燃材料で造り、又は覆わなければならない。

5.防火地域内にある建築物で、外壁が準耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。






















解答(5)

法65条より、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |