建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H30施工06(二級建築士学科試験問題)

2018年07月23日 H30施工06(二級建築士学科試験問題)

 木造住宅の基礎工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


1.土間コンクリートは、厚さ120mmとし、断面の中心部に、鉄線の径が4.0mmで

  網目寸法が150mm×150mmのワイヤーメッシュを配した。

2.柱脚部の短期許容耐力が25Nのホールダウン専用アンカーボルトのコンクリート

基礎への埋込み長さを、250mmとした。

3.布基礎の床下防湿措置において、床下地面全面に厚さ0.1mmの住宅用プラスチック系防湿フィルムを、重ね幅150mmとして敷き詰めた。

4.床下換気措置において、ねこ土台を使用するので、外周部の土台の全周にわたって、

  1m当たり有効面積75c岼幣紊隆控すΔ鮴澆韻拭

5.布基礎の底盤部分の主筋にD10を用い、その間隔を300mmとした。





















正解(2)

短期許容体力25kNのホールダウン金物用アンカーボルトの埋め込み長さは360mm以上とする。


n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |