建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H25計画10(二級建築士学科試験問題)

2018年06月23日 H25計画10(二級建築士学科試験問題)

屋外気候に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.ヒートアイランド現象は、都市における大量の二酸化炭素の発生によって、都心の気温が郊外の気温よりも高くなる現象である。

2.快晴日における海岸地方の風は、日中は海から陸へ、夜間は陸から海へ吹く傾向がある。

3.大気外日射量は季節によって変動し、その年間平均値は約1,370/屬任△蝓太陽定数と呼ばれる。

4.快晴日における屋外の相対湿度は、一般に、1日のうちで、夜間は高く、日中は低くなる。

5.深さ10100mの地中温度は、一般に、その地域の年平均気温よりわずかに高く、年間を通じて安定している。















正解 1

ヒートアイランド現象は人工物、すなわちコンクリートやアスファルトで地表が覆われることで熱容量が大きくなることや人工廃熱などの影響による現象であり地球規模で温暖化として言われる二酸化炭素排出の影響とは分けて考えられることが多い。

よって正解は1

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |