建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H25計画12(二級建築士学科試験問題)

2018年06月21日 H25計画12(二級建築士学科試験問題)

集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当のものはどれか。

 

1.階段室型や集中型は、一般に、各住戸のプライバシーが確保しやすい。

2.片廊下型やツインコリドール型は。一般に、共用廊下の面積が大きくなりやすい。

3.階段室型や集中型は、一般に、階段又はエレベーターから各住戸への導線を短くできる。

4.中廊下型やツインコリドール型は、一般に、住棟を南北軸に配置することが多い。

5.集中型やスキップフロア型は、一般に、各住戸の居住性を均質にしやすい。














正解 5

集中型やスキップフロア型は一般に居住性が均質にはなりにくい。
よって正解は5

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |