建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H25構造12(二級建築士学科試験問題)

2018年04月30日 H25構造12(二級建築士学科試験問題)

木造2階建の建築物の構造設計に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.2階の耐力壁の位置は、1階の耐力壁の位置の直上又は市松状の配置となるようにする。

2.風圧力に対して必要な耐力壁の有効長さ(必要壁量)を求める場合、2階建の建築物の2階部分の見付面積に乗ずる数値は、平家建の建築物の見付面積に乗ずる数値と同じである。

3.構造用合板による真壁造の面材耐力壁の倍率は、貫タイプより受け材タイプのほうが小さい。

4.水平力が作用した場合に生じる柱の浮き上がり軸力は、柱の位置に応じて、水平力時の柱軸力を低減して算定する。

5.梁、桁等の横架材の村長中央部の引張側における切欠きは、応力集中による弱点となりやすいので、できるだけ避ける。















正解(3)
構造用合板による真壁造の面材耐力壁の倍率は、貫タイプより受け材タイプのほうが大きい。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |