建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H25構造19(二級建築士学科試験問題)

2018年04月23日 H25構造19(二級建築士学科試験問題)

鉄筋コンクリート造の既存建築物の耐震改修、耐震補強等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.建築物の最上階又は最上階から複数階を撤去する改修は、建築物の重量を低減できるので、耐震性の向上に有効である。

2.あと施エアンカーを用いた補強壁の増設工事を行う場合、新設するコンクリートの割裂を防止するために、アンカー筋の周辺にスパイラル筋などを設けることが有効である。

3.柱における炭素繊維巻付け補強は、柱の曲げ耐力の向上を目的とした補強方法である。

4.耐震診断基準における第2次診断法は、梁の変形能力などは考慮せずに、柱や壁の強さと変形能力などをもとに耐震性能を判定する診断手法である。

5.耐震スリットを設ける目的の一つは、せん断破壊型の柱を曲げ破壊型に改善することである。














正解(3)
柱における炭素繊維巻付け補強は、柱のせん断耐力の向上を目的とした補強方法である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |