建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H25構造20(二級建築士学科試験問題)

2018年04月22日 H25構造20(二級建築士学科試験問題)

建築材料として使用される木材及び木質系材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.加圧式防腐処理木材は、現場で切断加工した場合、加工した面を再処理して使用する。

2.単板積層材(LVL)は、単板の繊維方向を互いにばぼ平行にして積層接着したものである。

3.木材の繊維方向の基準強度の大小関係は、一般に、圧縮>引張>曲げである。

4.板目材は、乾燥すると、木表側に凹に変形する。

5.インシュレーションボード、MDF及びハードボードは、繊維板(ファイバーボード)の一種である。















正解(3)
木材の繊維方向の基準強度の大小関係は、一般に、曲げ>圧縮>引張である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |