建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29計画21(木造建築士学科試験問題)

2018年02月28日 H29計画21(木造建築士学科試験問題)

 換気設備等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.第3種換気は、自然給気と機械排気との併用による換気である。

2.自然換気は、建築物外部の風速や建築物内外の温度差などを利用するので、常に必要な

換気量を確保することができる。

3.大気中の二酸化炭素濃度が高くなると、室内における人員一人当たりに必要な外気量は

増加する。

4.軸流型吹出し口は、一般に、気流の広がり角が小さく、到達距離が長い。

5.全般換気は、室内の汚染物質を希釈するため、室内全体の空気を入れ替えるものである。






















正解(2)

自然換気は、常に必要な換気量を確保するのは難しい

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |