建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29計画24(木造建築士学科試験問題)

2018年02月25日 H29計画24(木造建築士学科試験問題)

建築設備の配管に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.給水配管内の流速を2.0m/s以下に抑えることは、ウォータハンマの防止に有効である。

2.雨水立て管は、排水立て管、通気立て管と兼用することができる。

3.冷房機器のドレン配管は、間接排水とする。

4.建築物内に設ける管径100mmの排水横管の最小勾配は、一般に、 とする。

5.排水管の二重トラップは、破封が生じたり、排水の流れに悪影響を及ぼしたりするので、

禁止されている。
















正解(2)

雨水立て管は、排水立て管、通気立て管と兼用したり直結してはない

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |