建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29法規01(木造建築士学科試験問題)

2018年02月22日 H29法規01(木造建築士学科試験問題)

用語に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

  1. 建築物に関する工事用の図面(原寸図その他これに類するものを除く。)及び仕様書

    は、「設計図書」に該当する。

  2. 店舗の売場は、居室」に該当する。

  3. 2階建て住宅の1階において、前面道路の道路中心線から3の距離にある部分は、

    「延焼のおそれのある部分」に該当する。

  4. 2階建て住宅の土台の過半の修繕は、大規模の修繕」に該当する。

  5. 請負契約によらないで自ら建築物の工事をする者は、工事施工者」に該当する。
























正解(4)
法第2条第14号より、大規模の修繕とは、建築物の主要構造部の一種以上について行う過半の修繕をいう。土台は、令第1条第三号の構造耐力上主要な部分であり、主要構造部ではない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |