建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29法規11(木造建築士学科試験問題)

2018年02月12日 H29法規11(木造建築士学科試験問題)

建築物の防火性能に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、耐火性能検証法による安全性の確認は行わないものとし、防火地域及び準防火地域の指定はなく、また、間仕切壁は自動スプリンクラー設備等設置部分その他防火上支障がないものとして国土交通大臣が定める部分には該当しないものとする。


 

  1. 木造2階建て、延べ面積180屬龍ζ噂斬陲鮨恵曚垢訃豺隋各戸の界壁は、準耐火構造とし、小屋裏又は天井裏に達せしめなければならない。

  2. 木造2階建て、延べ面積200m2の旅館を新築する場合、当該用途に供する部分について

    は、その防火上主要な間仕切壁を準耐火構造とし、原則として、小屋裏又は天井裏に達せしめなければならない。

  3. 建築基準法第22条第1項の市街地の区域内に、木造平家建て、延べ面積45の自動車

    車庫を新築する場合、その外壁及び軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造としなければならない。

  4. 1階の一部を自動車車庫(当該用途に供する部分の床面積の合計が55)とし、その他の部分を事務所の用途に供する木造階建ての建築物を新築する場合、自動車車庫の部分とその他の部分とを防火区画しなければならない。

  5. 平家建て、延べ面積140の自動車車庫を新築する場合、耐火建築物及び準耐火

    建築物以外の建築物とすることができる。























正解(3)
法第24条第二号より、木造平屋建ての自動車車庫の用途に供するもので、その用途に供する部分の床面積の合計が50屬鯆兇┐襪發里蓮△修粒以謬擇啗裏で延焼のおそれのある部分を防火構造としなければならない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |