建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29計画16(木造建築士学科試験問題)

2018年01月12日 H29計画16(木造建築士学科試験問題)

枠組壁工法による2階建ての建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。ただし、構造計算は行わないものとする。
  1. 2階の耐力壁の直下に耐力壁を設けなかったので、当該耐力壁の直下の床根太を構造耐力上有効に補強した。

  2. 耐力壁線相互の距離を12mとし、耐力壁線により囲まれた部分の水平投影面積を80m2とした。

  3. 長さ5mの耐力壁線に幅3mの開口部を設けた。

  4. 耐力壁の上部には、耐力壁の上枠と同寸法の断面を有する頭つなぎを設けた。

  5. 多雪区域内に建つ建築物であったので、地震力に対する必要壁率の値は、垂直積雪量に応じた値とした。
























正解(2)

耐力壁線相互の距離を12m以下とし、耐力壁線により囲まれた部分の水平投影面積を60m2以下とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |