建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29計画08(二級建築士学科試験問題)

2017年11月29日 H29計画08(二級建築士学科試験問題)

採光・照明に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.人工光源の演色性を表す演色評価数は、その数値が小さくなるほど、色の見え方に関する光源の特性が、自然光に近くなる。

2.住宅の寝室における読書時の照度は、一般に300750lx程度がよいとされている。

3.昼光率は、室内の壁及び天井、周囲の建築物、樹木等の影響を受ける。

4.全天空照度は、天空や時間によって変化する。

5.タスク・アンビエント照明では、一般に、アンビエント照度をタスク照度の1/10 以上

確保することが望ましい。


























正解 1
演色評価数は大きくなるほど自然光に近くなる

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |