建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29法規16(二級建築士学科試験問題)

2017年10月27日 H29法規16(二級建築士学科試験問題)

図のような敷地において、耐火建築物を新築する場合、建築基準法上、新築することができる建築物の建築面積の最高限度は、次のうちどれか。ただし、図に記載されているものを除き、地域、地区等及び特定行政庁の指定・許可等はなく、図に示す範囲に高低差はないものとする。

 

法規16

















  1. 246

  2. 255

  3. 276

  4. 285

  5. 297


























正解 5

法大53条(建ぺい率)第1項、第2項、第3項、第4項、第5項、第6項より、図のような敷地において、耐火建築物を新築する場合、建築面積の最高限度は、287屐法第53条第5項第一号より、建ぺい率の限度が8/10とされる地域内で、かつ、防火地域内にある耐火建築物は法第53条1項、2項、3項、4項の規定は適用しない。建ぺい率8/10 → 10/10。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |