建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H29法規20(二級建築士学科試験問題)

2017年10月23日 H29法規20(二級建築士学科試験問題)

次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

  1. 確認済証の交付を受けた後でなければすることができない建築物の建築の工事を、確認済証の交付を受けないでした工事施工者は、罰則の適用の対象となる。

  2. 非常災害が発生した区域又はこれに隣接する区域で特定行政庁が指定するものの内において、被災者が自ら使用するために建築する延べ面積30岼米發留急仮設建築物で、その災害が発生した日から1月以内にその工事に着手するものについては、防火地域内に建築する場合を除き、建築基準法令の規定は、適用しない。

  3. 建築基準法第20条の規定に違反する建築物の設計及び工事監理を建築主が故意に指示し、やむを得ず建築士がそれに従って設計及び工事監理をした場合であっても、当該建築主だけでなく、当該建築士も罰則の適用の対象となる。

  4. 高さ2mの擁壁には、建築基準法第20条の規定が準用される。

  5. 木造3階建ての一戸建て住宅の2階及び3階に設けるバルコニーの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、柵又は金網を設けなければならない。


























正解(4)

令第138条第1項第五号より、高さが2mを「超える」擁壁であれば、法第20条の規定が準用される(法第88条)。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |