建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26計画06(2級建築士学科試験問題)

2017年08月20日 H26計画06(2級建築士学科試験問題)

図は、木造建築物の外壁の断面を示したものである。冬期における外壁の内部結露防止上、最も望ましいものは、次のうちどれか。


A





































正解(4)

一般的に、冬季における外壁の内部結露の主な原因は、室内の湿り空気の外壁内(断熱材)への流入とされている。そのため、屋内側の壁材の気密性は高くし、更に湿り空気の断熱層への侵入を抑える防湿層を設け、また、断熱層に入ってしまった湿り空気を屋外に出すため空気層を屋外側の壁材と断熱層の間に設ける、よって4の断面構成が内部結露防止上望ましい。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |