建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26法規01(2級建築士学科試験問題)

2017年07月30日 H26法規01(2級建築士学科試験問題)

用語に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1.日影規制(日影による中高層の建築物の高さの制限)において、「平均地盤面からの高さ」とは、当該建築物が周囲の地面と接する位置の平均の高さにおける水平面からの高さをいう。

2.構造耐力上主要な部分である基礎は、「主要構造部」である。

3.建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために当該外壁又は軒裏に必要とされる性能を、「防火性能」という。

4.長屋又は共同住宅の隣接する住戸からの日常生活に伴い生ずる音を衛生上支障がないように低減するために界壁に必要とされる性能を「遮音性能」という。

5.鉄道のプラットホームの上家は、「建築物」ではない。























正解(2)

用語の定義についての問題。令第1条第三号より、基礎は構造耐力上、主要な部分であるが、法2条第五号より、主要構造部には、該当しない。よって2が誤りである。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |