建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26構造09(2級建築士学科試験問題)

2017年06月26日 H26構造09(2級建築士学科試験問題)

木造建築物の地盤及び基礎に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.基礎は、建築物が水平力を受けた場合に横移動・浮上がりをしない根入れ深さを確保する。

2.直接基礎の底盤の位置は、原則として、支持地盤以下とし、かつ、表土層以下で土の含水変化・凍結のおそれの少ない深さとする。

3.独立基礎は、布基礎やべた基礎に比べて、不同沈下の抑制に有利である。

4.鉄筋コンクリート造の基礎に換気孔・点検口・人通口などによる断面欠損がある場合、欠損の度合いに応じて鉄筋による補強等を行う。

5.基礎は、土台又は柱脚と構造耐力上有効に配置されたアンカーボルトなどによって緊結する。












正解(3)
独立基礎は、布基礎やべた基礎に比べて、不同沈下の抑制に不利である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |