建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26施工16(2級建築士学科試験問題)

2017年05月24日 H26施工16(2級建築士学科試験問題)

木造住宅における木工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.1階及び2階の上下同位置に大壁造の面材耐力壁を設けるに当たり、胴差部分における構造用面材相互間のあきを6个箸靴拭

2.土台の継手は、腰掛け鎌継ぎとした。

3.胴差と通し柱との仕口は、大入れ蟻掛けとした。

4.真壁造の面材耐力壁は、厚さ9个旅渋ね儿臠弔鰺僂ぁ■50の釘を150亟岾屬芭韻疉佞韻拭

5.和室の畳床において、根太の間隔を450个箸靴拭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答3

胴差と通し柱との仕口は、「傾ぎ大入れ短ほぞ差し」とし、金物で補強する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |