建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24構造23(2級建築士学科試験問題)

2017年02月28日 H24構造23(2級建築士学科試験問題)

鋼材に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.鋼材は、炭素含有量が多くなると、一般に、溶接性が向上する。

2.鋼材は、瞬間的に大きな負荷がかかったり、低温状態で負荷がかかったりすると、脆性破壊しやすくなる。

3.長さ10mの棒材は、常温においては、全長にわたって断面に一様に20/m屬琉張応力度を生じる場合、長さが約1mm伸びる。

4.異形棒鋼SD345の降伏点の下限値は、345/m屬任△襦
5.日本工業規格(JIS)において、「建築構造用圧延鋼材SN400」と「一般構造用圧延鋼材SS400」それぞれの引張強さの下限値から上限値までの範囲は、同じである。










正解(1)
鋼材は、炭素含有量が多くなると、一般に、溶接性が低下する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |