建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H28法規05(木造建築士学科試験問題)

2016年12月30日 H28法規05(木造建築士学科試験問題)

張り間方向に図のような断面(桁行方向には同一とする。)を有する居室の天井の高さを算定する場合、建築基準法上、その高さとして、正しいものは、次のうちどれか。


1.   6.00

2.   4.55

34.25

44.00

53.25

















解答(2)
令第21条第2項より、天井の高さは、1室で天井の高さの異なる部分がある場合においては、その平均の高さによる。
設問に「けた行方向には同一とする」とあるので、平均の高さは、室の断面積を室の幅で除すれば求められる。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |