建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H28法規10(木造建築士学科試験問題)

2016年12月25日 H28法規10(木造建築士学科試験問題)

木造2階建て、延べ面積130屬琉豸遊て住宅の構造耐力上主要な部分に関する次の記述のうち、建築基準法に適合しないものはどれか。ただし、構造計算等による安全性の確認は行わないものとする。

  1. 柱、筋かい及び土台のうち、有効な防腐措置を講ずる部分の上端の高さを、土台の下端から上方1mの位置とした。

  2. 圧縮力を負担する筋かいに、径9mmの鉄筋を使用した。

  3. 政令の規定による柱の小径に基づいて算定した柱の所要断面積の を欠き取ったので、その部分を補強した。

  4. 2階建ての部分のすみ柱を管柱としたので、接合部を通し柱と同等以上の耐力を有するように補強した。

  5. 柱の有効細長比を、150とした。





















解答(2)
令第45条第2項より、圧縮力を負担する筋交いは、厚さ3儖幣紊派9儖幣紊量攤爐鮖藩僂靴燭發里箸靴覆韻譴个
らない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |