建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H28施工13(木造建築士学科試験問題)

2016年10月31日 H28施工13(木造建築士学科試験問題)

図のような木造住宅の小屋組において、Aの寸法として、正しいものは次のうちどれか。ただし、屋根の勾配は4寸勾配であり、軒桁心から小屋束心までは910mmとする。また、峠は軒桁母屋上端とし母屋)の断面寸法は90mm×90mmとする。

1.214mm

2.245mm

3.274mm

4.364mm

5.455mm















解答(3)
正解肢の通り。母屋の寸法分を除くのがポイント。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |