建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H28計画22(二級建築士学科試験問題)

2016年09月26日 H28計画22(二級建築士学科試験問題)

給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 1.クロスコネクションは、飲料水の給水・給湯系統とその他の系統とが、配管・装置

   により直接接続されることをいう。

 2.給水管の管径は、配管系統や配管部位における瞬時最大流量を負荷流量として決定

   する。

 3.排水槽に設けるマンホールは、有効内径60cm以上とする。

 4.飲料水用受水槽のオーバーフロー管の排水は、一般排水系統の配管に間接排水と

する。

 5.自然流下式の排水立て管の管径は、一般に、上層階より下層階のほうを

   大きくする。

















解答(5)
排水立て管は上と下で管径を同じにしなければいけない。設問のような配管を「たけのこ配管」といい、行ってはならない。このため、選択肢5が間違いである。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |