建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H28構造02(2級建築士学科試験問題)

2016年08月25日 H28構造02(2級建築士学科試験問題)

図のような荷重を受ける単純梁に、断面90mm×200mmの部材を用いた場合、A点の断面下端に生じる縁応力度σとして、正しいものは、次のうちどれか。 ただし、縁応力度σは下式によって与えられるものとし、部材の断面は一様で、荷重による部材の変形及び自重は無視するものとする。


1.      13N/

2.      17N/

3.      22N/

4.      32N/

5.      35N/
構造2




























 


解答(2)
(1)反力の計算
VA=VB=9kN/2=4,500N
(2)最大曲げモーメントMmaxの計算
最大曲げモーメントは荷重の作用点で生じる。
Mmax=4,500N×2,000mm=9,000,000N・mm
(3)断面係数Zの計算
Z=bh2/6=90×2002/6=600,000
mm3
(4)最大曲げ応力度σbの計算
σb=Mmax/Z=9,000,000÷600,000=15N/mm2
∴σb=15N/mm2
 
(5)引張応力度σtの計算 
 σt=N/A=36,000/90×200=2
(6)縁応力度σ
σ=15+2=17
∴σ=17
N/mm2

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |