建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H28構造03(2級建築士学科試験問題

2016年08月24日 H28構造03(2級建築士学科試験問題

図のような荷重を受ける単純梁において、A点の曲げモーメントMAの大きさと、A-B間のせん断力QABの絶対値との組合せとして、正しいものは、次のうちどれか。

H28構造 (3)












MA
の大きさ


QAB
の絶対値

1

8 kNm

0 kN

2

8 kNm

1.5 kN

3

8 kNm

4.5 kN

4

10 kNm

1.5 kN

5

10 kNm

0 kN





 

 










 



















 

 

 

















 



解答(4)
<反力の計算>
 鉛直反力VC、VDを上向きに、水平反力HCを右向きに仮定する。

また、等分布荷重の合計P=2kN/m×4m=8kNが左側の支点から2mのところに集中荷重として作用すると考える。
(顱某緤進向のつりあい
∴HC=0
(髻鳳直方向のつりあい
 VC+VD=8+2
VC+VD=10
(鵝縫癲璽瓮鵐箸里弔蠅△
右側の支点をモーメントの中心とする。
VC×8
=8×6+2×2
∴VC=6.5kN
ー阿茲蝓◆茖孱帖
3.5kN
<応力の計算>
A点で切断し右側を考える。
A点を中心にモーメントのつりあいを考える。

MA+
2×23.5×4
∴MA=10kN・m
次に
A〜B点で切断し右側を考える。
鉛直方向のつりあいより、
QAB+
3.5=2
QAB=−1.5kN
QABの絶対値は1.5kN

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |