建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27計画24(木造建築士学科試験問題)

2016年02月29日 H27計画24(木造建築士学科試験問題)

建築設備の配管に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.   給水・給湯管に使用される合成樹脂管は、一般に、耐食性があり、軽量で施工性もよいが、衝撃に弱く、温度変化に対する伸縮が大きい。

2.   空調用冷媒配管は、用途や能力などによって、使用冷媒が異なるので、施工、メンテナンスに配慮する必要がある。

3.   各種の飲料用貯水槽などの間接排水管の排水口空間は、50舒焚爾箸垢襦

4.   給湯配管の伸縮によって、配管、機器又は建築物に損傷を与えるおそれがある場合は、伸縮管継手などを設けて防止する。

5.   排水トラップの封水深は、一般に、50100个箸垢襦






























正解(3)

間接排水管の排水口空間は、50150伉度である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |