建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27法規06(木造建築士学科試験問題)

2016年02月21日 H27法規06(木造建築士学科試験問題)

換気設備を設けるべき調理室等の換気設備に関する次の記述のうち、建築基準法に適合しないものはどれか。ただし、国土交通大臣の認定は考慮しないものとする。

1.   発熱量が14kWの火を使用する器具(開放式燃焼器具)に接続して煙突を設けることが用途上著しく困難であったので、排気フードを有する排気筒を設けた。

2.   火を使用する設備の近くに排気フードを有する排気筒を設けたので、その排気フードを不燃材料で造った。

3.   煙突又は換気上有効な排気のための換気扇その他これに類するものを設けなかったので、給気口は、その上端を天井の高さの1/4以下の高さの位置に設けた。

4.   直接外気に開放された排気口は、外気の流れによって排気が妨げられない構造とした。

5.   煙突又は排気フードを有する排気筒を設けなかったので、排気口は、その上端を天井から下方85僂旅發気琉銘屬棒澆韻拭










 



















【解答 5】

令第20条の3(火を使用する室に設けなければならない換気設備等)第2項第一号イ(2)により、排気口は、天井又は天井から下方80cm以内の高さの位置に設けなければならない。


n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |