建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27法規07(木造建築士学科試験問題)

2016年02月20日 H27法規07(木造建築士学科試験問題)

第一種低層住居専用地域内(建築基準法第86条第10項に規定する公告対象区域外とする。)において、図のような断面を有する住宅の1階の居室の開口部で、建築基準法上、採光に有効な部分の面積は、次のうちどれか。ただし、国土交通大臣が別に算定方法を定めた開口部ではないものとする。

法規07












1.


2.


3.


4.


5.

 

計算式

採光に有効な部分の面積

(2×2.5)×(4-0.5/4+2×6-1.4)

10.50

(2×2.5)×(4-0.5/4+1×6-1.4)

14.00

(2×2.5)×(4/4+1×6-1.4)

17.00

(2×2.5)×(4-0.5/4×6-1.4)

19.25

(2×2.5)×(4/4×6-1.4)

23.00











 


【解答 2】

法28条(居室の採光及び換気)、令第19条(学校、病院、児童福祉施設等の居室の採光)、第20条(有効面積の算定方法)第1項により、採光に有効な部分の面積は、開口部の面積に採光補正係数を乗じて算定する。

開口部の面積の算定

設問より、開口部の面積は、2m×2.5m=5.0

採光補正係数の算定

令第20条第2項の第一号により、第一種低層住居専用地域内における採光補正係数は、採光関係比率に6.0を乗じた数値から1.4を減じて求める。

D=4.0m−0.5m=3.5m

H=4.0m+2.0×1/2=5m

採光補正係数3.5/5×6.0−1.4=2.8

よって採光に有効な部分の面積の算定(開口部の面積×採光補正係数)

5.0屐滷押ィ検瓧隠喚


n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |