建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H27施工09(木造建築士学科試験問題)

2015年12月28日 H27施工09(木造建築士学科試験問題)

木造2階建の住宅における合板等の施工に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.   真壁造の構造用面材として、厚さ9个旅渋ね儿臠弔鰺僂い拭

2.   構造用合板の間柱への留付けに当たって、釘打ちの間隔は200个箸靴拭

3.   大壁造の面材耐力壁において、せっこうボード張り用の壁胴縁の間隔を303个箸靴拭

4.   大壁造の幅910弌長さ2,730弌厚さ12个旅渋ね儿臠弔髻⊇陳イ蠅箸靴拭

5.   床板張りの合板下地板は、板の長手方向が根太と直交するように張り付け、釘打ちした。

































正解(2)

構造用合板の間柱への留付けに当たって、釘打ちの間隔は150个箸垢


n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |