建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H20法規12(2級建築士学科試験問題)

2015年07月22日 H20法規12(2級建築士学科試験問題)

建築物の避難施設等に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、耐火性能検証法、防火区画検証法、階避難安全検証法及び全館避難安全検証法による安全性の確認は行わないものとする。

1.高等学校における生徒用の廊下で、片側にのみ居室があるものの幅は、1.8m以上としなければならない。

2.平家建、延べ面積300の物品販売業を営む店舗の屋外への出口の幅の合計は、1.8m以上としなければならない。

3.延べ面積600の旅館の階段の部分には、排煙設備を設けなくてもよい。

4.共同住宅の住戸には、その床面積にかかわらず、非常用の照明装置を設けなくてもよい。

5.主要構造部が不燃材料で造られている、避難階が1階である2階建の診療所で、2階における病室の床面積の合計が90であるものは、2以上の直通階段を設けなくてもよい。






















(正解)
建築基準法施行令代121条1項2号、125条より1500m2を超える物品販売を営む店舗に関する規定であるので1.8mは必要としない。よって正解は2。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |