建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H20施工15(2級建築士学科試験問題)

2015年05月28日 H20施工15(2級建築士学科試験問題)

左官工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.コンクリート下地壁のセメントモルタル塗りにおいて、上塗りには、下塗りに比べて、セメントに対して砂の割合が大きいモルタルを用いた。

2.コンクリート下地壁のセメントモルタル塗りにおいて、中塗りは、下塗り後、14日間以上放置した後に行った。

3.コンクリート下地壁のせっこうプラスター塗りにおいて、中塗りが半乾燥の状態のうちに、上塗りを行った。

4.木造住宅の外壁のメタルラス張りに先立ち、防水紙を縦横とも30mm重ね合わせてたるみのないように張った。

5.冬期におけるコンクリート下地床のセルフレベリング材塗りにおいて、流し込み後、14日間の養生期間を置いた。























(正解)4
外壁のメタルラス張りにおいては、防水紙(アスファルトフェルト430以上)を縦横とも90mm以上重ね合わせて、たる
みのないように張る。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |