建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H20施工16(2級建築士学科試験問題)

2015年05月27日 H20施工16(2級建築士学科試験問題)

タイル工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.外壁のタイル張り工事において、二丁掛けタイルの目地寸法を8mmとした。

2.外壁のタイル張り工事において、下地のひび割れ誘発目地の位置に、伸縮調整目地を設けた。

3.内壁のタイルの密着張りにおいて、張付けモルタルの1回の塗付け面積は、60分以内に張り終える面積とした。

4.内壁のモザイクタイル張りにおいて、張付けモルタルは二度塗りとし、その塗り厚の合計を4mm程度とした。

5.屋内の一般床タイルの張付けにおいて、貼付けモルタルの調合は、容積比でセメント1:砂2とした。

























(正解)3
張付けモルタルの1回の塗付け面積は、30分以内に張り終える面積とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |