建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26法規7(木造建築士学科試験問題)

2014年12月28日 H26法規7(木造建築士学科試験問題)

居室の採光に関する次の記述のうち、建築基準法に適合しないものはどれか。ただし、国土交通大臣が定める基準に従った照明設備の設置や有効な採光方法の確保その他これらに準ずる措置は講じられていないものとする。

1.住宅における床面積20.0屬竜鐚爾法∈慮に有効な部分の面積3.0屬料襪鮴瀉屬靴拭

2.保育所における床面積48.0屬諒欅藜爾法∈慮に有効な部分の面積10.0屬料襪鮴瀉屬靴拭

3.有料老人ホームにおける床面積50.0屬瞭所者用娯楽室に、採光に有効な部分の面積5.0屬料襪鮴瀉屬靴拭

4.住宅におけるふすまで仕切られた床面積13.09.5屬裡下爾竜鐚爾砲弔い討蓮⊂果明22.5屬裡閏爾箸澆覆靴董開口部の採光に有効な部分の面積を算定した。

5.住宅における居室に設置した面積0.4屬療形襪砲弔い討蓮∈慮に有効な部分の面積を1.6屬箸靴拭




















正解(5

一般構造、居室の採光についての問題。(法第28条)天窓の場合、採光補正係数は3倍の値となる。面積0.4屬療形襪砲弔い討蓮∈慮に有効な分部の面積は、1.2屬箸覆襦



n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |