建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26施工15(木造建築士学科試験問題)

2014年10月31日 H26施工15(木造建築士学科試験問題)

図のような木造2階建住宅の南側外壁面軸組図において、に示す部分のうち、最も不適当なものは、次のうちどれか。ただし、全ての継手は、腰掛け鎌継ぎとし、ホールダウン金物については、表示していないものとする。


施工15











































正解(3)

ハの軸組みにおける胴差の寸法において、開口部のために1階の柱と柱の間隔が2,720个箸覆辰討い襪、その間隔に合わせて胴差の寸法(梁せい)も大きくしなければならない。設問の軸組み図では、不適当である。


n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |